2才の幼女が時速約104km出したとしてスピード違反の罰金を請求される


サウスヨークシャー警察によって2才の女の子がスピード違反の罰金を請求されました。何でも時速約64kmの制限速度のところを時速約104kmでぶっ飛ばしたそうです。どう考えても2才で自動車を運転するのは難しいと思うのですが、一体どういうことなのでしょうか。

詳細は以下から。Girl, 2, sent fine for speeding at 65mph News This is London

この記事によると、スピード違反で罰金を請求されたのは2才のAyesha Khan。サウスヨークシャーのドンカスターでスピードカメラに撮られたとのこと。母親のSharnaは「Ayeshaはたった2才で自動車のペダルに足を届かせることもできない」と抗議しましたが、警察は娘の代わりに罰金を支払うか出廷しろと対応。当時別の場所にいたアリバイを証明することでようやく警察は間違いを認めました。

父親のMohamedは「Ayeshaはまだ一人で留守番させるような年齢ではない。もしID詐欺ならば真相を知るために警察は協力して欲しい。娘の偽りの経歴が将来を害するようなことがあってはならない」と述べています。

交通違反を取り締まる警部Ian Blintは「我々に与えられた情報があいまいなものだったことで今回のことが起こった。Khan家には迷惑をかけたことを謝罪する」と述べ、サウスヨークシャー警察は問題解決のため家族と接触することを約束しています。

・関連記事
時速283kmで走るバイクのムービーがネットにあげられ、警察が調査開始 - GIGAZINE

時速112km、ジェット噴射で爆走する世界最速の簡易トイレ - GIGAZINE

フルスピードで動作するドリームキャストのエミュレータ「nullDC」 - GIGAZINE

時速130キロの芝刈り機で世界記録を樹立 - GIGAZINE

0

in メモ, Posted by darkhorse_log