登録作業が全くいらないファイル共有サイト「drop.io」


メールアドレスや名前などの登録作業が全くいらないシェアリングサイト「drop.io」。一度にアップできるファイルサイズの上限は100MBですが、メールで送るにはちょっと大きいなと言うときなどに簡単でとても便利。パスワードや有効期限も設定可能です。

詳細と使い方は、以下から。Drop.io: Simple, Private Storage & Sharing

まずは、「Add Files」からアップロードするファイルを登録する。


URLの入力を行う。初めから7けたのランダムな英数字が入っていますが、7文字以上の任意のものも登録可能。


パスワードを入力する。パスワード無しでも問題なし。


期限を入力する。1日、1週間、1ヶ月、6ヶ月、1年から選択可能。これは意外と珍しい便利な機能かも。


アップしたコンテンツの表示や追加の方法は、以下の三つより選択可能。「表示のみ」、「表示とテキスト追加」、「表示とテキスト・ファイルの追加」。


最後に「Drop it.」をクリックすると、アップロードが開始。


データのアップロード中


新しく作成したページのadminパスワードの入力画面


新しくできたページはこんな感じ。URLは「http://drop.io/*******」となっている。このアドレスとパスワードを共有したい人に送ればOK。


画像をクリックすると大きく表示されスライドショーになります。


右上の「admin」をクリックすると設定を変更することができます。



設定画面では、ページの削除やアドレス変更などができます。

・関連記事
最大1GBまでのファイルを無料で相手に送るネットサービス「FileTruck」 - GIGAZINE

500MBの無料オンラインストレージ「Windows Live Folders」日本語版今夏開始予定 - GIGAZINE

ネット上にデータを保存するサービスはすべて著作権侵害で違法です - GIGAZINE

JASRAC、動画共有サイトにおける楽曲利用の許諾条件を発表 - GIGAZINE

著作権の非親告罪化やP2Pによる共有の違法化は誰が言い始めたのか? - GIGAZINE

動画共有サイト比較、一番画質がキレイなのはどれ? - GIGAZINE

in レビュー,   ネットサービス, Posted by darkhorse_log