乗り物

時速320kmで走ることができるF1のようなパトカー


2.5秒で時速約96kmまで加速することができ、時速約320kmで走行可能なパトカー。実際に導入したら事故が多発しそうな気がしますが、1台くらいはこういうパトカーがあってもいいような気がします。

詳細は以下から200mph dream car for the police Rapid Response Unit the Daily Mail


このコンセプトカーを作成したのは「CAPARO」。モーターショーのMPHで展示されました。CAPAROは以前にも公道で走れるF1カー「Caparo T1」を開発していて、それがベースとなっているようです。CAPAROのスポークスマンによると「自動車泥棒はミラーにコイツが映っていないか心配するようになるだろう。このパトカーからは決して逃げることはできない」とのこと。

警察のスポークスマンは「このパトカーを導入することは絶対にない。我々にはヘリコプターがある」と述べているそうです。

実際に走っているムービーはありませんが、ベースとなっているCaparo T1のテスト走行ムービーがありました。
YouTube - Caparo T1 Street Legal Racer - Prestige Cars


公道を走るCaparo T1。
YouTube - caparo t1

・関連記事
日本では見られない世界の様々なパトカーの写真 - GIGAZINE

ダンボールで作ったパトカーを置いたら車がゆっくりに - GIGAZINE

警察がショベルカーでパトカーを破壊した犯人を捜査中 - GIGAZINE

in 乗り物,   動画, Posted by darkhorse_log