来年には携帯電話の「圏外」が無くなるかもしれません


日本経済新聞社の報道によると、携帯電話の「圏外」を無くすために、総務省が来年をめどに制度の改正を行うそうです。これによって室内や地下、山間部といった今まで「圏外」だった場所でも、携帯電話を使えるようになるとのこと。

つまり「せっかく世界で使える携帯電話を買ったのに、自宅に持って帰ってみたら圏外だった」というようなことが無くなるということでしょうか。

詳細は以下の通り。
携帯の基地局、設置自由化・総務省、来夏メド

この記事によると、総務省は2008年の夏をめどに、ユーザーが携帯電話の小型基地局を自宅や店舗、オフィスに設置できるように制度改正する方針を決めたそうです。

これは辞書サイズの小型基地局を購入することで、高層マンションの室内や地下、山間部などの今まで圏外だった場所でも携帯電話が使えるようになるというもので、小型基地局をブロードバンド回線につないで通話する仕組みとのこと。これにより一部通話料金の引き下げにつながる可能性もあるとしています。

なお、現在WILLCOMソフトバンクモバイルが行っている「ホームアンテナ」のレンタルや設置サービスは、家のすぐそばにまで基地局の電波が届いていることが必須条件ですが、自分で小型基地局を設置できるようになると、周囲に全く基地局がない場合でもブロードバンド回線さえあれば携帯電話を使えるようになるということのようです。

・関連記事
携帯電話のメールアドレスも「ナンバーポータビリティ」に? - GIGAZINE

NTTドコモ、FOMA「905i」「705i」シリーズを発表 - GIGAZINE

ソフトバンク、「プレミアム」な2007年冬モデルの携帯電話を発表 - GIGAZINE

KDDI、ライフスタイルをサポートするauケータイ2007年冬モデル8機種発表 - GIGAZINE

ついにSkypeで無料通話ができる3G携帯電話「3 Skypephone」が発売 - GIGAZINE

アイピーモバイルが自己破産、獲得した周波数帯を返上 - GIGAZINE

0

in モバイル,  メモ, Posted by darkhorse_log