レビュー

無線LANのWEP/WPAキーを表示するフリーソフト「WirelessKeyView」


無線LANの設定も昔ほど複雑ではなく、全自動でかなりセキュリティの高い設定ができるようになっている機種も増えていますが、それに伴って「一体自分の無線LANのWEPキーは何なのか?」というのが万が一の際にまったくわからないという事態も増えています。そういう際に役立つのがこのフリーソフト「WirelessKeyView」です。

使い方は至って簡単、起動するだけ。それだけでWindowsのWireless Zero Configurationを使ったWEP/WPAキーが表示されます。ただ表示するだけでなく、テキストファイルにして保存したり、HTML形式のレポートにしたり、クリップボードに直接コピーすることもできます。

ダウンロードと使い方は以下から。
WirelessKeyView: Recover lost WEP/WPA key stored by Wireless Zero Configuration service

上記ページからダウンロードできますが、利用時に一部のアンチウイルスソフトなどからは誤ってウイルス認定される場合があります。これは通常は取得できないワイヤレス関連のキーを取得しているためです。

ダウンロードして解凍し、実行するとこのようにして無線LANのキーがすぐに表示されます


選択した状態でこのボタンをクリックすれば、テキストファイルとして書き出して保存することも可能


「保存」を押せば任意の名前で保存できます


保存されたファイルはこのようにして表示されます


また、「View」→「HTML Report」と進めば、HTML形式で出力して保存することも可能です


このような感じで表示されます


ちょっとした小技のフリーソフトですが、なかなか便利です。

・関連記事
無線LANのWPA/WPA2-PSKをGPUで超高速解析してパスワードを見つけるフリーのオープンソースソフト「Pyrit」 - GIGAZINE

自分のデジカメを無線LAN対応にできるSDメモリーカード「Eye-Fi」 - GIGAZINE

無線LANを検知するTシャツ「Wi-Fi Detector Shirt」 - GIGAZINE

無線LANアクセスポイントの機能を強化するファームウェア「DD-WRT」 - GIGAZINE

最大15Gbpsの通信速度を実現した無線LANが登場 - GIGAZINE

無線LANアクセスポイントを機能強化する無料ファームウェア「Tomato Firmware」 - GIGAZINE

無線LANにただのりする人をこらしめる「Upside-Down-Ternet」 - GIGAZINE

in レビュー,   ソフトウェア, Posted by darkhorse