キン肉マンの肉まん「キン肉まん」を食べてみた


来年29周年を迎えるキン肉マンをイメージした肉まん「キン肉マンのキン肉まん牛丼風味」と「テリーマンのテリヤキハンバーグまん」を山崎製パンが出していたので買ってみました。商品名からするとかなり変わった肉まんのようですが、中身はどんな感じなのでしょうか。

写真は以下から「キン肉マンのキン肉まん牛丼風味」


キン肉マンの額と同じく「肉」のマークが。


中はこんなの。味の方は牛丼のタレを煮詰めたような甘みがあり、まさに牛丼「風味」といった感じ。肉はそれほど入っていないので、ほとんどタレでパンを食べているような気分になりました。


こっちは「テリーマンのテリヤキハンバーグまん」


テリーマンの米マーク入り。


中はハンバーグがそのまま入っていました。少しだけテリヤキソースも入っているのですが、本当にわずかなのでソースの味はあまりしません。ハンバーガーとは違って他に具が入っていないので、ちょっと味が寂しい感じですが、工夫したら新しいファーストフードになりそうな食べ応えでした。


敷紙には超人の情報が。


敷紙デザインは25種類あるのですが、山崎製パンのサイトでは全部見られるようになっています。

キン肉マンのキャラクターがパッケージに!「キン肉マンのキン肉まん牛丼風味」「テリーマンのテリヤキハンバーグまん」

・関連記事
「ウルトラまん」を食べてみました - GIGAZINE

ヤマザキの「ゲゲゲの鬼太郎パン」4種を食べてみました - GIGAZINE

ムキムキの筋肉を持つ体重27kgのウィペット犬 - GIGAZINE

0

in 試食, Posted by darkhorse_log