1億円の絵がゴミの中から発見される


盗難されて何年間も行方不明だったメキシコの画家ルフィーノ・タマヨによる傑作がマンハッタンで発見されたそうです。その絵が見つかったのはゴミを入れるコンテナの中で、拾った人は当初その価値について全く知らず、家に飾っていたとのこと。

詳細は以下から。Lucky dip art scavenged from skip valued at $1m - Independent Online Edition

発見者は廃棄された骨董品を拾って家に持ち帰るのが好きな作家、Elizabeth Gibson。Gibson氏は4年前にアッパーウエストサイドで絵を発見して家の壁に飾っていたそうです。しかし、絵を拾ってから数ヶ月後、ルフィーノ・タマヨのサインが入ってあることを見つけました。

約1年後に友人からルフィーノ・タマヨの作品が50万ドル(約5700万円)で売れたことを聞いて、友人の持っていた美術本を見せてもらうと表紙には壁に飾っていた絵「Tres Personajes」が載っていました。ラテンアメリカのアートを専門とするギャラリーに問い合わせてみると、彼女の持っている絵は本物だということが判明。1977年にヒューストンの実業家が妻にプレゼントとして贈ったもので、夫婦が引っ越した後に保管庫から盗まれ、以降何年間も行方が不明だったそうです。彼女が絵について調べてみると、だいたい100万ドル(約1億1400万円)ぐらいの価値があると分かりました。

「Tres Personajes」は元の持ち主に返却され、来月サザビーのオークションに出品される予定。Gibson氏は最初に絵が盗まれた時にかけられた懸賞金に手数料を加えた1万5000ドル(約170万円)を受け取るそうです。

・関連記事
赤いクリップを物々交換で「家」にした男 - GIGAZINE

鉱物資源を採掘して換金しポッドを改造していくゲーム「Motherload」 - GIGAZINE

ゴミがあふれかえってひどいことになっているロシアの街並み - GIGAZINE

ダイヤモンドをちりばめたガイコツのアートを路上に放置するアート - GIGAZINE

0

in メモ, Posted by darkhorse_log