アート

ダンボールで作った実物大の精巧な彫刻いろいろ


イタリアの芸術家Chris Gilmour氏がダンボールとのりだけで作った実物大の精巧な彫刻。かなり細かいところまで精巧に作られ、とてもかっこよくできています。特にビンテージ物の車やバイクの彫刻はエンジン部分まで作ってあり、手間暇がかかっているのがよくわかります。

詳細は、以下より。実物大のフィアット 500


エンジンまできっちり作り込んでいます


実物大のランブレッタ(1971年に生産終了になったスクーター)


ライトとミラーの数がすごいことになっています


実物大の自転車


近くで見るとよりリアル


古いスポーツカー


実物大のタイプライター


こちらに、たくさんの写真があります
Chris Gilmour

・関連記事
ダンボールで作ったパトカーを置いたら車がゆっくりに - GIGAZINE

実物大!?本物の車そっくりの超巨大ケーキ - GIGAZINE

世界一速い市販車トップ10 - GIGAZINE

世界の様々な小さな車 - GIGAZINE

カラフルで躍動感あふれる水の彫刻「Water figures 2007」 - GIGAZINE

in アート, Posted by darkhorse_log