レビュー

緊急地震速報をパソコンに表示する「The Last 10-Second」で訓練してみた


地震到達の数秒から数十秒前に対応したテレビ・携帯電話などで「地震到達まであと何秒」という感じで教えてくれる「緊急地震速報」が今月から開始されたわけですが、実際に残されたわずか数秒で何ができるかというのは、かなりの訓練を常日頃から積んでおかないと、いざというときに動くことができません。

というわけで、ウェザーニュースが個人向けに、緊急地震速報をパソコンに表示する「The Last 10-Second」(最後の10秒)というソフトを提供しているので、実際に訓練してみました。いろいろな震源地・断層別に設定できるのでなかなか真に迫った訓練が可能です。

実際の訓練に必要な使い方は以下の通り。
個人向け緊急地震速報 The Last 10-Second-ウェザーニュース

実際には月額315円の有料サービスですが、訓練だけなら無料でできます。

ダウンロードした「Last10Second.EXE」を実行してしばらくするとこの画面になるので「次へ」をクリック


「次へ」をクリック


「次へ」をクリック


インストール中……しばらく待つ


「閉じる」をクリックして閉じ、スタートメニューから「The Last 10-Second」を起動します


「試用」をクリック


タスクトレイに常駐するので、「通知設定」をクリック


自分の現在位置を選択して「設定を登録」をクリック


ちなみに上記画面で「詳細設定」をクリックするとこういう設定が可能になります。「テスト」ボタンを押せば実際にどういう音声が流れるかがわかります。一度は聴いておいた方が良いかも。


次にタスクトレイから「訓練設定」をクリックし、「即時訓練を行う」にチェックを入れ、震源地を選択します。あまりにも遠いと訓練にならないほどの弱い震度になるので、近くを選びましょう。スケジュール訓練も可能。


断層も選択しておきましょう。選ぶ断層によって震度などがずいぶんと違ってきます。


最後に「設定を保存」をクリック。クリックしてから1分以内に実際の表示が突然開始されます。


これが実際の画面。残り8秒……10秒もないので何ができるのだろうか……。


ちなみに、実際に何ができるのか、何をすべきか?という心得については以下の気象庁のページが結構参考になります。

気象庁 | 緊急地震速報を見聞きしたときは

・関連記事
月の地震はマグニチュード5レベルがなんと10分間も続く - GIGAZINE

NTTドコモ、12月発売の905iシリーズに緊急地震速報機能を搭載 - GIGAZINE

地震・雷・火事・親父のうち一番死亡確率の高い物はどれか - GIGAZINE

緊急地震速報提供サービス「なまずきん」 - GIGAZINE

世界中の地震をリアルタイムに地図表示する「IRIS Seismic Monitor」 - GIGAZINE

地震で海面から3m高くなり、サンゴ礁がむき出しになった島 - GIGAZINE

1906年のサンフランシスコ大地震の被害を映した写真とムービー - GIGAZINE

緊急警報放送の音とはどんなものなのか? - GIGAZINE

世界中で起きている災害や事故の情報を見られるサービス「AlertMap」 - GIGAZINE

in レビュー,   ソフトウェア, Posted by darkhorse