「初音ミク」の画像検索結果消滅について各検索エンジンに電話してみた


先ほど「話題の「初音ミク」の画像が検索結果から消滅中」という記事中でもお伝えしたように、なぜか画像検索結果から消えるという謎の事態が発生中なわけですが、一体何が起きているのかを以下の検索エンジン各会社に電話して聞いてみました。

詳細は以下から。
・グーグル株式会社広報からの回答
現在調査中。たまたま結果から落ちているだけであり、何か手を入れたわけではない。画像検索結果には復帰予定。必ず復帰させる。

・ヤフー株式会社 広報室からの回答
検索結果がゼロ件であることは確認した。昨晩から検索結果が変わったかどうかということは技術的にも現実的にもわからない。しかし、「初音ミク」に関してどこからか現時点で外部からの問い合わせに応じて何かをしたわけではない。現在調査中であり、クエリーに応じた検索結果をきちんと表示するようにしたい。

・エキサイト株式会社 広報からの回答
画像検索はYahoo!さんと同じなので、Yahoo!さんの画像検索結果と同じになります。

・NTTレゾナント株式会社(goo)からの回答
検索結果に手を加える場合は「違法な場合」や「問題のある場合」。その場合には検索結果の順序を入れ替えたりすることもあるかもしれないが、現時点では「初音ミク」に関して、そのような問題は何もないと認識しているので何もしてない。また、「初音ミク」に関してどこからかクレームが来たということも一切ありません。

・マイクロソフト株式会社 オンラインサービス事業部PR担当(Live Search)からの回答
顔画像検索は8月から追加し、10月に入ってからテキスト検索については強化しているが、画像は強化しているわけではない。従来と同じように運用している。今までは一般のユーザーがYahoo!さんやGoogleさんの画像検索結果とLive Searchの検索結果を比較することはなかったので違いがわからなかったかもしれないが、今回のようなケースであればわかってくれると思う。他社さんと比較してどうこうというわけではないが、画像検索の精度には自信を持っている。

・株式会社ライブドアからの回答
メールによる回答は以下の通り。

弊社の画像検索ですが、ブログの記事を対象にしており、国内のブログをほぼ網羅しています。
そのため、「初音ミク」「ねこ鍋」のようにネット中心で盛り上がっているもの関しては、合致性の高い検索結果が表示されます。
ですので、ネットの流行に比較的強い画像検索ともいえます。


というわけで、各社の見解が出そろいましたが、いろいろと事情があるようで。中には今回の件について電話中にさらに別のニュースサイトからの電話がかかってきてバッティングするということになっていたケースもあり、結構時間がかかりました。

まとめると、とにもかくにも今回の件はどこかの企業や利権団体とかが圧力をかけて「初音ミク」をたたきつぶそうと画策して動いたわけではなく、どちらかというと「画像検索エンジンの技術力」の差が出てきただけ、ということです。今まではあらゆる検索について「Googleが一番」だと思っていましたが、どうやら認識を改める必要があるようです。

・関連記事
Googleのイメージ検索精度を上げる「Google Image Labeler」開始 - GIGAZINE

Googleマップで経路検索すると「大西洋を泳いで渡る」と表示される - GIGAZINE

話題の「初音ミク」の画像が検索結果から消滅中 - GIGAZINE

「アッコにおまかせ」の初音ミク特集があまりにもひどくて大騒ぎに - GIGAZINE

TBS「アッコにおまかせ」の初音ミク特集に対して開発元が公式にコメント - GIGAZINE

0

in インタビュー,  ネットサービス, Posted by darkhorse