試食

肉が通常の3倍、すき家の「メガ牛丼」を食べてみました


本日からすき家で発売されている、肉が通常の3倍・ご飯が大盛りの「メガ牛丼」を買ってきて食べてみました。

1杯1286キロカロリーという超ボリュームの牛丼は、破壊力も抜群でした。

詳細は以下の通り。
店頭には「メガ牛丼」の発売を知らせる広告がびっしり。今なら1杯680円のところが650円だそうです。


メガ牛丼5個と、比較用に並盛を1個買ってきました。並盛がやたらと小さく見えます。


パッケージはこんな感じ。


並盛と並べてみたところ。


「SUKIYA」と書かれています。


フタを開けてみました。


肉がやたらと多いことが分かります。


重さは700g以上。


並盛も測ってみます。


およそ450g。


食べてみた感想ですが、当たり前のことながら味は並盛と全く同じです。しかし問題はやはり肉。食べても食べても減りません…。ご飯と肉をバランスよく食べようとすると、最後の方で肉だけが残りまくるという事態に見舞われます。ただ逆に、肉ばかり食べるというぜいたくな食べ方もできるので、満足度は測り知れません。「今日はカロリーを気にせず食べてやるぞ!」といった気持ちの時に食べてみるといいかもしれない1杯でした。

・関連記事
「メガ牛丼」を超越した「牛丼キング」が降臨、肉は通常のなんと6倍 - GIGAZINE

メガマックシリーズの最新作は「メガトマト」と「メガたまご」に? - GIGAZINE

メガマックブラザーの「メガてりやき」を買ってきました - GIGAZINE

メガロッテvsメガマック - GIGAZINE

メガマックを超越した、重さ56キログラムの超巨大ハンバーガー - GIGAZINE

肉が4枚の超巨大バーガー、メガマックを買ってきました - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log