×
メモ

誕生日にもらったiPodの箱を開けたらiPodではなく「石」が出てきた


14歳の少女が誕生日プレゼントとしてiPodを買ってもらったのですが、喜び勇んで開封してみたところ、iPodの代わりに「石」が出てきたそうです。これだけでも十分に衝撃的なのですが、2度目も同じく「石」が出てきて、さらに店側は返品を拒否、謝罪もしないというすさまじい展開になっています。

詳細は以下から。
Rocks found in place of girl's brand new iPod... twice

で、当然ながらこの少女の家族はこのiPodを購入したTargetに返品して交換しようとしたわけですが、残念ながらテキサス州フォートワースにあるこの店にはもうiPodの在庫がなかったとのこと。そこで20マイル(約32.1キロメートル)ほど離れた同じくテキサス州のグレンド・プレーリーにある店へ行くことに。そこで新しいiPodを購入し、今度は店員の目の前で開封。しかしまたしても中から出てきたのはiPodではなく、ただの「石」だったそうで……。もちろん再度返品を要求しましたが、2度目の返品を店側は拒否。Target側は謝罪せず、従業員もあくまで店の方針に従っただけだとしています。

実際にはおそらく流通の倉庫に入っている時点で何者かが中身をすり替えてしまっているのだと思われますが……どれだけひどい管理を行っているのかが気になるところ。

・関連記事
海賊版を販売しているとマイクロソフトから「石」が送られてきます - GIGAZINE

iPodを注文したら、石けんが送られてきました - GIGAZINE

どこにでもある小石を売って大富豪 - GIGAZINE

ネットオークションでPowerMac G4を買ったらひどい梱包で送られてきた - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse