男性が女性を担いで競う世界選手権「奥様運び」


フィンランド発祥のスポーツである奥様運びという名前の世界選手権の写真とムービーです。求婚のために近隣の村から娘を連れ去る習慣があったとの言い伝えがあり、これをジョークとして競技化したのが奥様運びの始まりだそうです。エストニア・スタイルなる一風変わったスタイルもあるようです。

詳細は、以下から。コースの全長は253.5メートル、参加費50ユーロで世界選手権の優勝者には奥様の体重と同じ量のビールが送られるようです。

NBAの元スーパースターデニス・ロッドマンも参加したことがあるようです。


奥様方は非常に楽しそうなのですが・・・・・・


旦那の方は目が真剣です


この運び方は奥様が夫の首周りを脚で挟み、夫の背後にぶら下がって夫の腹部にしがみつくエストニア・スタイルです。


水にぬれないようにそりあがっています


奥様が水没しているような?


おんぶというオーソドックスタイプ


奥様の体重が49キロ以下の場合、49キロになるようにおもりを持たされるようです。


エストニア・スタイルで走っています。


障害物を越えているところ


猛ダッシュ?


これは大変そうです


大会のムービーです。
YouTube - Wife Carrying Championships


Sonkajärvi

・関連記事
高さ9cmのハイヒールを履いた女性たちが全力疾走するレースの写真 - GIGAZINE

男性が女性と言い争った時の勝率グラフ - GIGAZINE

信じられないようなカーチェイスや公道レースのムービー - GIGAZINE

ニューヨーク市内を所狭しと駆け回るメッセンジャーのレースムービー - GIGAZINE

夫の前妻の遺灰をガレージセールで売却 - GIGAZINE

0

in 動画,  メモ, Posted by darkhorse_log