OECD加盟国の大学の進学率と卒業率


日本はそろそろ大学全入時代と言われていますが、大学への進学率は50%以下のようです。OECD(経済協力開発機構)の平均値よりも低いのには少しびっくりしました。

詳細は、以下から。Economist.com - Top of the class

この記事によると、18日にOECDから発行されたEducation at a Glance 2006のレポートでは、1995~2005年の10年間に裕福な国の大学卒業率は12%増加し、より多くの人が大学卒業の資格を得ているです。

オーストラリアが突出して進学率、卒業率ともに高い。しかし、ポーランドの進学率の高さ、ドイツの卒業率の低さにびっくりです。アメリカは、入学率は高いのですが卒業までにはかなり淘汰(とうた)されてしまうようです。


統計方法や機関により数値は違ってくるようですね。
進学率 - Wikipedia

『図表でみる教育 OECDインディケータ(2005年版)』(Education at a Glance)の概要について A章-文部科学省

・関連記事
大学での課外活動に積極的に取り組んだ人ほど、社会人基礎力が高い - GIGAZINE

大学の前に違う大学のマスコット像を置くと5時間で破壊される - GIGAZINE

旺文社が受験生対象のブログサービス「大学受験パスナビブログ」開始 - GIGAZINE

18歳の女子大生が授業料のために「処女売ります」 - GIGAZINE

筑波大学で「萌え」や「腐女子」、「涼宮ハルヒの憂鬱」などが特別講義に - GIGAZINE

0

in メモ, Posted by darkhorse_log