クラッシュポッキーはラングドシャの方がサクサク感があって美味


グリコの「クラッシュポッキー アーモンド」と「クラッシュポッキー ラングドシャ」を買ってきて食べてみました。どちらも高級感のあるポッキーという感じですが、特にラングドシャのサクサクした食感は編集部で好評でした。

詳細は以下の通り。
クラッシュポッキー | Pocky Street

箱の裏側。エネルギーはどちらも同じ77kcal。


箱を開けると小袋が7つ入っています。


それぞれの小袋にポッキーが4本ずつ。金色の袋がアーモンド、銀色の袋がラングドシャ。


皿に出してみた。左がアーモンド、右がラングドシャ。


断面。アーモンドは粒が見える。ラングドシャは中のプレッツェルがココア色。


アーモンドは今までにも何度も発売されてきたタイプのものに似ていて、定番商品といった感がある。それに対してラングドシャは細かく砕かれたラングドシャクッキーが2度がけされたチョコの下でもかなりサクサクしていて、非常に食感がいい。チョコ+サクサクの相性もよく、編集部でもかなり好評でした。

・関連記事
江崎グリコ、原材料費高騰でポッキーの内容量を10%減へ - GIGAZINE

マーブルポッキー 抹茶ショコラとマイルド&ビターは新製品っぽくない - GIGAZINE

グリコのパリポとロッテのトッポは見た目は似ているが全く別物でした - GIGAZINE

ガンプラ入りポッキー「ポッキー<ガンプラ>パック」で遊んでみた - GIGAZINE

0

in 試食, Posted by logc_nt