スウェーデンの電話会社が通話料無料のP2P携帯電話サービスを実験開始


スウェーデンの携帯電話会社が、P2P方式を用いた携帯電話サービスの実験を開始したそうです。

基地局を利用せずに携帯電話同士で通信を行うことで、基地局を敷設できないところでも携帯電話を利用できるようになるとのこと。しかも通話料は無料。

詳細は以下の通り。
BBC NEWS | Technology | Mobile system promises free calls

この記事によると、スウェーデンの携帯電話会社TerraNetが、基地局の敷設が不可能である辺地や砂漠などの遠隔地域において携帯電話を利用できるようにするために開発した技術の実験を、タンザニアとエクアドルで開始したそうです。

これはTerraNetの携帯電話端末同士をP2Pで通信させることで、基地局が無くとも通話が可能になるというもので、基地局を用いない場合の通話料金は無料。なお、TerraNetの携帯電話端末同士が通信できる距離は半径1km以内となっており、1km圏内にある端末同士をネットワーク化していくことで、遠く離れた相手とも通話が可能になるとのこと。

画期的なサービスであるとは思いますが、この端末が都市部にも普及した場合、携帯電話会社はどこで利益を得るのかが気になりますね。

・関連記事
Googleの無料無線LAN接続サービスは今、どうなっているのか? - GIGAZINE

携帯電話を投げ捨てたくなる8つの理由 - GIGAZINE

戦車に乗った男性が携帯電話の基地局の鉄塔を次々と破壊 - GIGAZINE

振動していない携帯電話が振動しているように思ったことはありますか? - GIGAZINE

0

in モバイル, Posted by darkhorse_log