3G対応、16GBメモリ搭載の日本でも使えるiPhoneが11月に登場か


今年6月末に発売され、アメリカで多くの人たちがアップルストアに並んだAppleのiPhoneですが、通信方式が日本の携帯電話会社が採用しているものとは異なるため、日本での登場はまだまだ先になると思われています。

しかしここにきて、11月に日本でも使える3G対応のiPhoneが登場する可能性が出てきました。つまり日本でiPhoneが正式に販売される日も、そう遠くはないということでしょうか。

詳細は以下の通り。
Electronista | 3G, 16GB iPhone for Europe in November?

この記事によると、ドイツの携帯電話会社T-mobileが、11月からiPhoneを取り扱うようになるそうです。そしてT-mobileのiPhoneはアメリカ版とは異なり、先日発表されたiPod touchと同じ16GBのメモリを搭載するだけでなく、最大3.6Mbps通信が可能なHSDPA方式をサポートするそうです。なおカメラは200万画素で、気になる価格はiTunes storeのクーポン付きで499ユーロ(約7万8500円)とのこと。

ちなみに日本でHSDPA方式をサポートしているのはNTTドコモとソフトバンク、イー・モバイルとなっているので、もしiPhoneが日本で発売される場合、この3社のうちのどこかからということになりそうです。

・関連記事
Appleの「iPhone」、日本ではドコモまたはソフトバンクで展開か - GIGAZINE

AppleのiPhone、auと同じ通信規格になる可能性もあった - GIGAZINE

アップルのiPhone、3日間の売上は3億ドル以上 - GIGAZINE

iPhoneの耐久度を実際にテストするムービー登場 - GIGAZINE

ニセモノの「iPhone」が150ドルで販売されている - GIGAZINE

0

in モバイル,  ハードウェア, Posted by darkhorse_log