冷戦時にアメリカ軍からの核攻撃を想定して作られた核シェルター


アメリカとソビエト連邦が世界を二分した冷戦の時代に、アメリカからの核攻撃を想定して作られたシェルターの写真いろいろです。

古びた電池やヘルメット、長靴などだけでなく、注射器のアンプルや謎の検査キットなど、さまざまなものが当時の状態のまま残されています。

詳細は以下の通り。
これがシェルターの中。さまざまな物が置かれています。


注射器のアンプルとおぼしきもの。


長靴がずらっと並べられています。


この箱はなんでしょうか。


防災用のヘルメット。


防毒マスクなどに使われる換気用の容器。


なんですかこれは…。


この機材も正体不明です。


メモがありますが、やはり何かは分かりません。


非常時はここで対策を考える予定だったのでしょうか。


引き出しがびっしり。


どのような化学兵器が地上で使われたのかをチェックするためのキットだそうです。


全部で20本あります。


大量の鍵。


古びた電池がいっぱい。


そして書類の山。


実際に使わないといけない事態が来なくて良かったと思われます。

オリジナルの写真は以下のリンクを参照のこと。

English Russia >> A Soviet Shelter

・関連記事
閉鎖されたり老朽化したヨーロッパの工場の写真 - GIGAZINE

廃虚となった生物化学研究施設の写真 - GIGAZINE

ロシアの廃線探検 - GIGAZINE

チェルノブイリは事故から21年経ってどのような姿になったのか - GIGAZINE

「爆弾の皇帝」と呼ばれた核爆弾が爆発するムービー - GIGAZINE

0

in メモ, Posted by darkhorse_log