ハードウェア

東芝、世界初の32GB SDHCメモリカードを発売


東芝が世界で初めて、32GBのSDHCメモリカードを発売するそうです。最大書き込み速度は毎秒約6MBを実現しており、SDスピードクラスは4(Class4)に対応。なお、同時に世界初となる8GBのmicroSDHCメモリカードも発売されるとのこと。

詳細は以下の通り。
SDメモリカードシリーズのラインアップを拡充

このリリースによると、東芝は世界初となる32GBのSDHCメモリカードを2008年1月に発売することを予定しており、これに先行して16GBモデルを2007年10月に発売するそうです。また、同様に世界初となる8GBのmicroSDHCメモリカードを2008年1月に発売するとのこと。

ちなみに共通する仕様として、CPRM技術を採用した高度な著作権保護機能を搭載しているほか、SDスピードクラスはclass4に対応しています。価格はいずれもオープン価格。

値段が気になりますが、32GBという大容量のメモリカードがあれば、長期旅行などで写真を撮りまくっても一枚で事足りるので助かりますね。

・関連記事
過酷な環境で利用可能な「MICRODIA SDメモリカード」を水に漬けてみた - GIGAZINE

150倍速、4GBのSDHC対応microSDカードが4月発売 - GIGAZINE

ついにmicroSDカードまで価格暴落、価格が4ヶ月前の30%以下に - GIGAZINE

ついに2GBのSD、miniSDカードが2000円割れ - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by darkhorse_log