コミックマーケット72の最終日に始発電車で行ってきました


世界最大の同人誌即売会コミックマーケット(通称コミケ)。今年の夏は8月17~19日の3日間開催されたのですが、中でも最も多くの人数が集まるという最終日にりんかい線の始発に乗って行ってきました。覚悟はしていましたが、やはりとんでもない人数になっていました。

詳細は以下から。
新宿を出発して、大崎で5:40発のりんかい線始発に乗り換え。


すでに始発の車内は人で埋め尽くされており、わずかな隙間に乗り込む。


大井町駅に到着すると、ホームは溢れんばかりの人で埋め尽くされていました。ドアが開いた瞬間、乗車率が100%を超えている車内に雪崩のように駆け込む乗客。通勤ラッシュよりもひどいのではないかと思われる混雑で、完全に身動きがとれない状態に。

品川シーサイド駅に向かう途中、電車がカーブを通過したのですが、カーブしている時間はかなり長く、遠心力で乗客が押しつぶされてうめき声が聞こえてきました。自分もバランスを必死で保とうとしましたが、足場がないため維持できず。

そのまま数駅耐え抜いて国際展示場駅に到着。ドアが開くと同時に競うように出る人々。駅係員の「危険です!」という怒号のようなアナウンスは聞こえていないようです。

まだホームに人があふれかえっている状態にもかかわらず、りんかい線発車。ホームにいる人と10cmも離れていないところを電車が走り抜けていく。


改札階に上がるエスカレーター。


改札がある地上まで上がったと思いきや、改札に行列ができており、10分以上足止め。汗だくになる人々。


会場である国際展示場へ向かう人々。


道路標識風の看板を持つ人。一般入場者は東ホールまたは西ホールから入るようになっています。


東ホールへ向かう列。20~30分ほど歩かないとたどり着きません。


道路の向こう側にも列ができています。


ようやく国際展示場東ホールに到着。巨大な駐車スペースに並びます。


始発で行ったにもかかわらず、今回は前回のコミックマーケット71より混んでいる印象を受けました。そのせいか並び始めてしばらくするとPHSでのパケット通信にエラーが頻発するようになり、ほとんど使い物にならなくなりました。そして電車内の人混みで体力を消耗したことや、気温の高さで体もボロボロに。この時すでに、トイレは1時間待ち状態になっていました。。

なお、前回取り上げた際にはDSやPSPで暇つぶしをしている人々が散見されましたが、今回はワンセグ携帯が普及したせいか、ワンセグ放送で仮面ライダーなどの番組を見て楽しんでいる人が多く見かけられました。

9:30ごろに列の整理が始まり、10時に開場。前の列から順番に入場していき、結局入場できたのは10:30ごろでした。

帰りのりんかい線国際展示場駅。行きと同じでホームには人があふれかえっています。

・関連記事
コミックマーケット71の3日目に行ってきました - GIGAZINE

吉野家の牛丼を買うため200人近くの行列に並んできました - GIGAZINE

PS3購入の行列ムービー@大阪梅田ヨドバシカメラ - GIGAZINE

Wii購入待ち行列ムービー@大阪梅田ヨドバシ - GIGAZINE

0

in メモ, Posted by darkhorse_log