ソフトウェア

Microsoft Office互換の有料ソフト「StarSuite」をGoogleが無料で配布


サン・マイクロシステムズが開発し、ソースコードを公開して無料のMicrosoft Office互換ソフトの代名詞「OpenOffice.org」のもとになった「StarSuite」(海外ではStarOfficeという名前だが日本では商標の関係でStarSuiteという名前になっている)がGoogle パックに同梱されることになりました。ワープロ、表計算、プレゼンテーション、図形描画、データベースなどが利用できます。

StarSuiteはもとは有料なのですが、Google パックからインストールできるバージョンは無料。全体的にOpenOffice.orgを核にしてさらに付加機能が加わった形になっており、オンライン上のGoogle Docs & Spreadsheetsとローカルのファイルを同期するプラグインが将来的には付属予定、さらに現段階でもGoogle デスクトップなどの各種Google検索との連携が可能になっています。

詳細は以下の通り。
Google Pack Adds StarOffice

で、一体どれぐらいの値段が本来はするものなのかというと、99.95ドルです。多数のクリップアートやフォントなども同梱されている模様。どんな機能があるかは以下のページで確認できます。

サン・マイクロシステムズ - StarSuite 8 - 特長と利点

PDF出力やFlash出力なども当然可能なので、かなり良い感じ。コスト削減をしたい人やとりあえずそこまでシビアな互換性を要求しない人には最適かも。

ダウンロードは以下からです。

Google パック

というわけで、実際のインストールと使い方は以下からどうぞ。

・つづき
無料になった「StarSuite 8」のインストールと使い方

・関連記事
無料でドメイン名が取得でき、サイトが構築できる「Office Live Beta」 - GIGAZINE

彼女のブラを外そうとするマイクロソフトのOffice XP宣伝ムービー - GIGAZINE

次の「Microsoft Office 14」は2009年上半期に発売予定 - GIGAZINE

in ソフトウェア, Posted by darkhorse