レビュー

無料のアンチウイルスソフト「AVG Anti-Virus Free Edition」日本語版登場


Windows 98/Me/NT/2000/XP/Vistaに対応したアンチウイルスソフト「AVG Anti-Virus Free Edition」の日本語版がついに先ほど、ようやく公開されました。家庭内で個人的に非商用で利用するのであれば無料です。

いろいろと機能的な制限はあるものの、常駐させることが可能で、なおかつ定期的にパソコンの中をフルスキャンさせたり、あるいは右クリックから任意のファイルをスキャンするといったことも可能ですし、メールの送受信時に自動的にスキャンしてチェックすることもできます。なので、とりあえずアンチウイルスソフトに払うお金がないという人には最適なのかも。

というわけで、実際にインストールして使ってみました。
ダウンロードは以下から可能です。

AVG - AVG Anti-Virus Free Edition

ダウンロードしたらクリックして実行


「次へ」をクリック


「同意する」をクリック


チェック中なのでちょっとだけ待つ


「次へ」をクリック


ユーザー名を入力して「次へ」をクリック。ライセンス番号は最初から入力されています。


「続行」をクリック


インストール中、しばらくそのままで待ちましょう


「OK」をクリック


自動的に起動し、このような初回起動ウィザードが出てきますので、「次へ」をクリック


最新の状態にするために「アップデートの確認」をクリック


チェックを入れてから「インターネット」をクリック


アップデートのダウンロード中……


終わったら「OK」をクリック。どうやら最新だったようです。


「次へ」をクリック


毎日のスキャンに関する優先度を決めます。とりあえずそのままで問題ないので「次へ」をクリック


すぐにフルスキャンする場合にはここで「スキャン開始」をクリック。あとでもできるので、今回はとりあえず先に進みます、「次へ」をクリック。


「次へ」をクリック


「続行」をクリック


こんな感じのウインドウが出てきます。「コンピュータのスキャン」をクリックするとフルスキャンが開始されます。


スキャン中はこんな感じ


スキャン結果はこんな風にレポートされます


また、毎日指定の時刻に自動的にスキャンさせたり、定義ファイルのアップデートを指定時刻にさせることが可能です。


常駐させている最中で実際にウイルスが発見されるとこんな感じで警告されます。今回はテスト用に、アンチウイルスソフトの動作確認用テストウイルス「EICAR」を使いました。「修復」をクリックするとウイルスに感染したファイルごと削除される場合があるので、とりあえず「隔離室へ移動」をクリック


「はい」をクリック


「OK」をクリック


これがウイルス隔離室。復元したり、削除したりできます。


また、こんな感じで自動的に送受信メールもチェック可能。なかなか便利。

・関連記事
最強のウイルス対策ソフトはどれなのかランキング2009年8月版 - GIGAZINE

インストール不要の無料アンチウイルスソフト「ClamWin Portable」 - GIGAZINE

マイクロソフトのアンチウイルスソフト、Outlookのメールを間違って全削除 - GIGAZINE

Norton AntiVirus、Wikiをウイルスと誤認して全削除 - GIGAZINE

「svchost.exe」の正体を探る - GIGAZINE

30%のユーザーがまだセキュリティ対策を行っていない - GIGAZINE

コンピュータウイルスの発生状況を世界地図で表示する「F-Secure World Map」 - GIGAZINE

そのファイルがウイルスなのかを調べる「WhatIsThatFile.com」 - GIGAZINE

悪意あるソフトの80%はアンチウイルスソフトが効かない - GIGAZINE

アンチウイルスソフトウェアランキング、最強はどれ? - GIGAZINE

in レビュー,   ソフトウェア, Posted by darkhorse