Internet Explorerを一行でクラッシュさせてしまうコードが登場


Internet ExplorerやInternet Explorerコンポーネントのブラウザを華麗にクラッシュさせてしまうコードが見つかったそうです。しかもそのコードはなんとたった一行。

発見者によると「FirefoxとかOpera大好きっ子は、これをたくさんバラまいてIEのシェアをどんどん下げちゃえばいいと思うよ!!! 」とのこと。何やら恐ろしいコードのようです。

詳細は以下の通り。
ぼくはまちちゃん!(Hatena) - IEを華麗に撃墜する一行

この記事によると、Internet Explorer6やInternet Explorer6のコンポーネントブラウザを使っていると、以下のコードを開いた途端にクラッシュしてしまうそうです。なおInternet Explorer7では未確認とのことですが、編集部で確認したところ、クラッシュしませんでした。

<style>*{position:relative}</style><table><input></table>


ちなみにクラッシュしてしまう理由は「tableとかtrの直下に、inputとかselectがあって、そのあたりにcssの全称セレクタでposition:relativeがあたっているとダメなかんじかな!」とのこと。

以下のリンクにサンプルがあります。ブラウザが終了してしまうと困る人はクリックしてはいけません。

サンプル (IEだとブラウザが終了しちゃうよ! 注意してね!)

・関連記事
ノートンアンチウイルスクラッシャー - GIGAZINE

「Safari for Windows」公開2時間後にセキュリティホール発覚 - GIGAZINE

グーグルを利用した罠ドメイン「Goggle.com」はどれぐらい危険なのか? - GIGAZINE

0

in ソフトウェア, Posted by darkhorse_log