YouTubeの違法動画禁止システムは9月に稼働開始予定、FBI並のクオリティ


YouTubeの現在の運営元であるGoogleが裁判で明らかにしたところによると、今年の9月中にYouTubeへ著作権違反の動画がアップロードされないようにするシステムを実装予定とのこと。この技術はFBIが採用しているフィンガープリント(指紋)認証技術と同レベルのものらしい。つまりかなり精度は高い、と。

なお、既に導入されている違法動画アップロード禁止システムの詳細などは以下の通り。
YouTube video-fingerprinting due in September | The Register

現在導入している違法動画アップロード禁止システムは2種類、1つめはコレ。

YouTubeへ大量の削除依頼を行う「コンテンツ検証プログラム」の使い方 - GIGAZINE

そしてもう1つがハッシュ値による再アップロード禁止システム。削除依頼によって削除されたファイルと同様のものがアップロードされた場合、同じハッシュ値であれば自動的に弾いてしまうらしい。

ちなみに9月から導入予定のシステムはYouTubeに削除依頼を行わなくても自動的に判断して削除してくれるという画期的なシステム。一体どういう仕組みなのでしょうかね?精度は本当に高いのでしょうか……?間違って関係ない動画も消してしまったりすると一気に信頼性が損なわれる気が……。あるいはこのシステム導入を気に一気に人が減ってしまい、別の動画共有サイトへ移行するか……?

・関連記事
YouTubeから削除されたムービーを視聴できる「Delutube」 - GIGAZINE

東京都選管がYouTubeに政見放送の削除要請、その問題点とは? - GIGAZINE

AppleがYouTubeの偽iPhoneムービーを削除 - GIGAZINE

タイ政府、国王が侮辱されたのでYouTubeへのアクセスを規制中 - GIGAZINE

国内地上波初、東京MXテレビがYouTubeと提携 - GIGAZINE

YouTubeとGoogle、ついに10億ドルの損害賠償で訴えられる - GIGAZINE

Yahoo!とマイクロソフトなどがYouTubeに対抗する動画サイト設立を発表 - GIGAZINE

YouTube、動画投稿者に対して報酬を準備中 - GIGAZINE

このままYouTubeがGoogle色に染まると「GoogleTube」はこうなる - GIGAZINE

任天堂、正式にYouTubeにムービー広告を掲載 - GIGAZINE

Yahoo!JAPAN、動画共有サイトの著作権料をJASRACに支払うことで合意 - GIGAZINE

0

in メモ, Posted by darkhorse