メモ

サンゴ礁の真ん中にぽっかりと開いた深さ125mの大穴「Blue Hole」


中央アメリカに位置するベリーズはホンジュラス湾に面しています。ベリーズの沖には世界でも2番目の規模を誇るサンゴ礁があり、その中のライトハウス・リーフというサンゴ礁にあるのがこのBlue Hole(Great Blue Hole)という大穴。直径は1000フィート(約300m)以上、深さは412フィート(約125m)もあるそうで、ダイビングスポットとして有名です。

写真など、詳細は以下から。
航空写真などで見るときれいな円形をしていることがわかる。


別の角度から。


穴のあるライトハウス・リーフやこのあたりのサンゴ礁群は「ベリーズ珊瑚礁保護区」として世界遺産に登録されている。


穴は氷河期にできたらしく、その後氷が溶けたり海面が上昇したりして現在の姿になったとのこと。


かなり深く潜っていく。


穴の中から。


船から見ても、穴の部分だけ色が濃く見える。


リンク先地図の中央に見えるのがBlue Hole。

Google マップ

以下のサイトで大穴やライトハウス・リーフの画像を見ることができます。

Website of the Belize Tourism Board

Belize Atoll Diving Pictures, Lighthouse Reef, Turneffe Islands, Great Blue Hole, Half Moon Caye

DIVE BELIZE, The Great Blue Hole, Ambergris Caye, Belize, Diving in the Caribbean

National Geographic Travel Photo Gallery: Belize--Blue Hole

・関連記事
地震で海面から3m高くなり、サンゴ礁がむき出しになった島 - GIGAZINE

巨大なアサガオのような形をしたダムの洪水吐の写真 - GIGAZINE

食事をしながら美しい海中の景色を見ることができる水中レストラン - GIGAZINE

in メモ, Posted by logc_nt