×
ソフトウェア

ダンボール箱でLinuxマシンを作ってみました


ダンボール箱で作ったLinuxマシン「gCube」です。

見た目がみすぼらしく見えなくもありませんが、その分ケース代が安く済む上に、なによりもこのマシンにはLinuxへの愛が詰まっています。たぶん。

詳細は以下の通り。
これが正面。電源スイッチなどがあります。


背面。ファンが曲がっている気がするのはきっと気のせいです。


上部。どうやら制作者はマイクロソフトに対して、並々ならぬ感情を抱いている模様。


中を開けるとこんな感じ。そのうちパーツの重みでダンボール箱自体が崩れていきそうな気がするのは気のせいでしょうか。


やはりケースは必要なのでは?と思ってしまいますねこれは。

以下のリンクにオリジナルの写真があります。

gCube

・関連記事
手作り感あふれる自宅サーバの冷やし方 - GIGAZINE

ダンボールで作ったパトカーを置いたら車がゆっくりに - GIGAZINE

女子大生がニットで編んだ実物大フェラーリ - GIGAZINE

内部がホコリだらけになった、見るも無残なVAIOの写真 - GIGAZINE

in ソフトウェア,   メモ, Posted by darkhorse_log