レビュー

インストール不要の無料アンチウイルスソフト「ClamWin Portable」


オープンソースで開発されているアンチウイルスソフト「ClamAV」のWindows版である「ClamWin Free Antivirus」をUSBメモリでも動作するように改良したのが今回紹介する「ClamWin Portable」です。Windows 98/Me/2000/XP/Vistaに対応しています。

一般的なアンチウイルスソフトと違って常駐してリアルタイム監視する機能はないのですが、ウイルスだけでなくスパイウェア駆除にも対応しており、定期的なスキャンや定義ファイルの自動ダウンロードも可能。定義ファイルは一日に数回から十数回アップデートされるので通常の使用については特に問題はありません。

というわけでダウンロードと使い方は以下から。
ダウンロードは以下から行います。

ClamWin Portable | PortableApps.com - Portable software for USB drives

ダウンロードしたらUSBメモリをパソコンにさしこんでから実行


「Next」をクリック


「Browse」をクリック


USBメモリを選んで「OK」をクリック


「Install」をクリック


USBメモリにコピー中……


完了すると自動的にこの画面になるので「Finish」をクリック


USBメモリを開くと見えているこれが実行ファイルなのでクリックして起動してみましょう


初回起動時は定義ファイルをダウンロードして更新するかどうか尋ねられるので「はい」をクリック


定義ファイルのダウンロード中


完了したら「Close」をクリック


ちなみに、一体どれぐらいの頻度で定義ファイルが更新されているかというと、以下のページで確認することができます。多い日には10回以上もアップデートされているのがわかります。更新頻度は一般的な市販ソフトよりも上かも。

clamav-virusdb

実際にスキャンするには、スキャンしたいドライブを選んでから「Scan」をクリックすれば自動的に始まります。複数ドライブを一気にスキャンしたい場合はShiftキーを押しながら選択すれば可能になります。


スキャンが終了するとこの様にレポートが表示されます


なお、インストールして使用する「ClamWin Free Antivirus」の方では右クリックからのウイルススキャン機能やOutlookのアドインとして機能し、添付ファイルを自動的にスキャンすることも可能になります。

・関連記事
最強のウイルス対策ソフトはどれなのかランキング2009年8月版 - GIGAZINE

無料のスパイウェア駆除ソフト「Ad-Aware 2007 Free」の使い方 - GIGAZINE

無料のスパイウェア検出ソフト「Spybot - Search & Destroy」の使い方 - GIGAZINE

悪意あるソフトの80%はアンチウイルスソフトが効かない - GIGAZINE

マイクロソフトのアンチウイルスソフト、Outlookのメールを間違って全削除 - GIGAZINE

Norton AntiVirus、Wikiをウイルスと誤認して全削除 - GIGAZINE

アンチウイルスソフトの動作確認用テストウイルス「EICAR」 - GIGAZINE

感染するとパソコンがしゃべり始める「BotVoice.A」 - GIGAZINE

「svchost.exe」の正体を探る - GIGAZINE

in レビュー,   ソフトウェア, Posted by darkhorse