試食

モスバーガーの「カレーチキンバーガー」はカレーが衣に染みる


本日7月20日(金)より発売開始のモスバーガーの新商品「カレーチキンバーガー」をさっそく買って食べてみました。

デミグラスソースをベースにした甘めのまろやかなカレーソースに、鶏ムネ肉をサクサクの衣で揚げたチキンフライを漬け込み、その上に千切りキャベツとマヨネーズをのせたものをサンドしたという「カレーチキンバーガー」ですが、いったいどのような味なのでしょうか。

詳細は以下の通り。
いつもの紙袋です。


包装はこんな感じ。


袋から出さずに、このまま開けて食べるようにとのこと。ソースをふんだんに使っているからのようです。


開けてみたところ。これが「カレーチキンバーガー」です。


千切りキャベツがたっぷり使われています。マヨネーズとカレーソースがからんでおいしそう。


ちぎってみたところ。肉がとても柔らかいです。


食べてみた感想ですが、マヨネーズとカレーの合わさったまろやかな味わいのソースが、キャベツとジューシーで柔らかくボリュームがあるチキンフライとの両方によく合っており、バンズとの相性も抜群でした。なんだかカレーパンに近いマッチ感です。カレーはあまり辛くありませんが、ややスパイシーさを感じます。

また、チキンフライは衣がふんわりサクサクしているところだけでなく、ソースが染みているところもおいしく、ソースのかかり具合で変化する味を楽しめました。今回はストレートに「おいしい」と思えるバーガーを繰り出してきた印象です。これは良いのではないでしょうか。

・関連記事
モスバーガーの夏のナン・タコス3種類と不思議なストローを試してみたよ - GIGAZINE

モスバーガーの夏限定「黒胡椒チキン」はジューシーでスパイシー - GIGAZINE

モスバーガーの「スープごはん ユッケジャン」を食べたら汗だくに - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log