ハリー・ポッター最終巻を流出させた犯人は特定可能?


先日ハリー・ポッター最終巻がBitTorrentで流出中ということをお伝えしましたが、どうやら流出させた犯人は証拠を残してしまうという致命的なミスを犯しており、この証拠を元に流出させた犯人を特定できるかもしれないそうです。

詳細は以下の通り。
これは流出したハリー・ポッターの最終巻を撮影した画像に、撮影に使った機材や撮影日時などの撮影情報(Exif)が記録されたままだったためで、カメラのシリアル番号も記録されていたことから、犯人の特定が可能なのではないかというもの。なお、撮影に用いられたのはCanonのEOS Kiss デジタルシリーズのようです。

これが撮影情報。シリアル番号は560151117です。
http://aycu22.webshots.com/image/21181/2000494333947614667_rs.jpg


編集部でもそれらしき画像を入手できたので確認してみたところ、やはりシリアル番号は同じでした。


どうやら該当するカメラを所持している人間が犯人の可能性が高いということのようですが、これを元に犯人が捕まってしまうようなことはあるのでしょうか。

・関連記事
発売前の「少年ジャンプ」などをWinny上で配信したとしてユーザー3人逮捕 - GIGAZINE

Winnyで1万件を超える警視庁の内部情報が流出、過去最大規模に - GIGAZINE

Winny開発者に罰金150万円の有罪判決 - GIGAZINE

ハリー・ポッター完結編が予約だけで既に100万部突破 - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log