日本で過去1年間にネットを利用した人は6750万人と総務省が発表


総務省の平成18年社会生活基本調査結果によると、過去1年間(平成17年10月20日~18年10月19日)にインターネットを利用した人(10歳以上)は6750万人で、10歳以上人口に占める割合(行動者率)は59.4%。

性別にみると男性が3456万6千人、女性が3293万4千人。行動者率で見ると男性が62.5%、女性が56.5%で、男性が女性より6.0ポイント高くなっているとのこと。

ただしこの結果は仕事や学業での利用は除去しているため、実際にはもっと高いのではないかと。

なお、都道府県別に見ると1位は東京都で70.8%、最下位は青森県で50%を切っています……。やはり地域格差は現実のものなのですね……。

その他の面白い詳細は以下の通り。統計結果のExcelファイルもダウンロードできるので、何かの役に立つかも。
平成18年社会生活基本調査 主要統計表

年齢階級別にみると、男性は15~19歳が88.2%、女性は20~24歳が92.3%と最も高く、これより年齢が高くなるにつれて行動者率は低下しています。


では一体何にネットを使っているのかというと、以下のような感じ。

1位:電子メール:49.1%
2位:情報検索及びニュース等の情報入手:43.0%
3位:画像・動画・音楽データ、ソフトウエアの入手:26.7%
4位:商品やサービスの予約・購入、支払いなどの利用:23.5%
5位:掲示板・チャット:11.7%
6位:ホームページ、ブログの開設・更新:6.9%


男女別にみると「ホームページ,ブログの開設・更新」を除いて、いずれも男性の方が高くなっているとのこと。ブログなどの開設者は女性の方が若干ですが多いということのようです。

で、これが都道府県別の「インターネットの利用」の行動者率……。首都圏と近畿以外は全国平均以下ということですね……。なんとかしないと……。

・関連記事
インターネット上にポルノサイトは1%しかない? - GIGAZINE

日本のバナー広告主トップはソフトバンク - GIGAZINE

日本のブログ人口は868万人、SNS人口は716万人 - GIGAZINE

中国のネット人口は1億2300万人 - GIGAZINE

国民一人当たりのIPアドレス数が最も多いのはバチカン市国 - GIGAZINE

世界の国を肥満率の高い順に並べるとこうなる - GIGAZINE

日本の家庭内パソコンからのネット利用者が4500万人に到達 - GIGAZINE

全世界のいろいろなデータを可視化して図示すると真実が見える - GIGAZINE

世界中のブログで使われている言語は日本語が一番多い - GIGAZINE

0

in メモ, Posted by darkhorse