ニンテンドーDSブラウザーが使いづらいと不満が爆発


昨年7月24日に発売されたニンテンドーDSでWEBページを閲覧できる「ニンテンドーDSブラウザー」ですが、海外でリリースされたものを実際に使ってみたユーザーが不満を爆発させたそうです。

このユーザーによると、ニンテンドーDSブラウザーは誰にも勧めたくないとのこと。

詳細は以下の通り。
Hands on with the DS Opera browser; it's everything you thought it would be :: DESTRUCTOID :: Hardcore video game blog

この記事によると、「ニンテンドーDSブラウザー」を喜び勇んで買ってみたものの、PDAや海外で流行しているフルキーボード搭載のスマートフォン「BlackBerry」などと、あまりにも使い勝手が違いすぎることから、不満を感じたそうです。

JAVAやFlashに非対応な上に、データ記憶領域が小さいことから、YouTubeの閲覧どころか、通常のWEBサイトを数ページ読み込んだだけで、最初に読み込んだページがどんどん消えていくとのこと。

そして何よりも問題であったのは、タッチパネルを用いたソフトウェアキーボードがとても使いづらく、脳トレのような手書き認識機能が搭載されていないことから、入力作業に信じられないほどいら立たしい思いをしたとしています。つまり使いやすさの点で「ニンテンドーDSブラウザー」は完全に失敗しているとのこと。

確かにソフトウェアキーボードで英単語を打ち込もうと思うと、日本語よりも文字数が多いことが大半であることから、いら立ってしまうのも仕方ないのかもしれませんが、そのうち手書き認識機能を搭載して、Flashなどにも対応した新製品が出たりするのでしょうか。

・関連記事
女性の「キレイ」をサポートするDS向けソフト「佐伯チズ式 夢美肌」 - GIGAZINE

学研、DS向け学習ソフト「学研DS 新TOEIC テスト完全攻略」発売 - GIGAZINE

Wiiの販売台数は584万台、任天堂の売上高は1兆円を突破へ - GIGAZINE

0

in ゲーム, Posted by darkhorse_log