レビュー

英単語とカタカナのナンバークロスワードパズルいろいろ


ナンバークロスワードパズル、略して「ナンクロ」は白いマスと黒いマスからなるパズル。クロスワードパズルと似ていますが縦のカギや横のカギというものがなく、白いマスに数字が振られていて、同じ数字のマスには同じ文字が入るというものです。

そんなナンクロをいくつか紹介します。

アクセスは以下から。
まずは英単語クロスワード。

英語クロスワード

マスに数字が振られていないが、クリックすると同じ文字が入るマスの色が変わる。


最初はヒントが多いのでさくさくと埋めていきましょう。


間違っていると最後のマスを埋めても画面が変化しません。正解だと下に「Next」と表示されます。


全部でレベルが5段階あり、最後のExpertになるとほとんどヒントがない。


どこから埋めればいいのか悩むが、埋まり始めると芋づる式にいけたりする。


最後の一つはどれだ?


クリア。


CONGRATULATIONS!


次はカタカナのナンクロ。

クロスワード - 「ナンクロ」と呼ばれるノーヒントのクロスワード

日本語だとすいすい埋まる。


拗音(小さい「っ」や「ゃゅょ」など)が区別されていないので、「ガッツ」は「ガツツ」になる。


こちらはクリアすると「たいへんよくできました」。


次は、複数のナンクロがあります。シェアウェアなので設置するのは有料ですが、遊ぶだけなら無料のようです。

ナンバークロスワードパズル(ナンクロ)

ヒントがあるので最初は埋めやすい。


長い単語が多く、ピンと来ないと悩むことになる。


埋め終わったら下の「Check」をクリック。


間違っていると赤字で指摘されます。


間違いを修正してもう一度チェック。


スマイルマークが出てクリア。


最後は漢字のナンクロ。Javaアプレット使用なので、開くときにちょっと重い。

オンラインパズル 漢字ナンクロ(JAVA使用)

こんな感じ。


文字の消去方法などがちょっと独特。


クリア。

・関連記事
ステージ内のどこかにある星を探し出すパズルゲーム「星探」 - GIGAZINE

木の枝を伸ばしてリングに通していくパズルゲーム「Rings and Sticks」 - GIGAZINE

指示された順番通りに同じ色の図形を消していくゲーム「Quick」 - GIGAZINE

同じ色のブロックをつなげていくパズルゲーム「3D LOGIC」 - GIGAZINE

子供を海に落とさないようにパーツを取り除いていく「Top figures」 - GIGAZINE

タイトー、ゲームを貼り付けられるブログパーツ「GameOnBlog」を無料配布 - GIGAZINE

in レビュー,   ゲーム, Posted by logc_nt