DRMフリーの「iTunes Plus」で購入した楽曲にはAppleIDが埋め込まれる


アップルが日本のiTunes Storeでも1曲200円で256kbpsというDRMフリーの「iTunes Plus」を開始したわけですが、DRMフリーだからと言ってダウンロードしたファイルをそのままで友達にあげたり、ましてやファイル共有ソフト上で配布したりすると危険です。

なぜかというと「iTunes Plus」で購入した楽曲には、購入時のAppleIDが埋め込まれているため。つまりアップルから見れば誰が流出させた張本人かはわかってしまう、と。

というわけで、本当にAppleIDが埋め込まれているのかどうか実際に購入して確かめてみました。
このことを最初に発見したのは以下のブログ。

TUAW Tip: Don't Torrent That Song... - The Unofficial Apple Weblog (TUAW)

まずはiTunesの最新版をインストール後、iTunes Storeにアクセス。「iTunes Plus」から購入できるようにするためにサインインします。下記画像の右上に「gigazine」と表示されているのがそれです。


「購入する」をクリック


購入完了、ちゃんと再生できます


Windows Vistaの場合はミュージックフォルダの中に「iTunes」というフォルダがあり、その中に購入した楽曲ファイルが入っています。本当にDRMフリーかどうか確かめるため、試しにこのファイルをWinampに入れてみるとちゃんと再生できました。問題なくDRMフリーです。


が、ファイルをテキストエディタやバイナリエディタなどで開いてみると中には購入時のAppleIDがこのようにして埋め込まれています。さすがにDRMフリーと言ってもAppleIDまで消えるわけではないのですね……。

・関連記事
Windows Media DRMを取り除くフリーソフト「FairUse4WM」 - GIGAZINE

最新のiTunes 7.1.2のDRMを解除する「QTFairUse6-2.5」登場 - GIGAZINE

Amazon、年内にDRMフリーの音楽配信サービス開始を決定 - GIGAZINE

英EMIグループ、アップルのiTunes StoreでDRMなし楽曲を販売すると正式発表 - GIGAZINE

オランダ、ファイル共有を合法化し、トラフィックへの課税を検討中 - GIGAZINE

in レビュー,   ソフトウェア,   ネットサービス, Posted by darkhorse