真の「サッポロ一番 塩らーめん バジルとオリーブオイル仕上げ」を作る


この夏限定で発売されている「サッポロ一番 塩らーめん バジルとオリーブオイル仕上げ」がようやく近所のスーパーに入荷したので喜び勇んで買ってきたのですが、よく考えるとこれはカップ麺ではないので具がない。これだと撮影時に見劣りする。なんとかしなくてはと考えた末、よく見るとパッケージの裏になにやら「かんたんレシピ」なるものが書いてありました。どうやらこのパッケージに使われているのと同じような「イタリアン塩らーめん」が完成するっぽい……確かに今までもこういった袋麺には「誰がこのレシピで作るんだよ」的なレシピが書いてありますが、まさかそれを本当に実行する日が来てしまうとは……。

というわけで、「サッポロ一番 塩らーめん バジルとオリーブオイル仕上げ」を裏にあるレシピ通りにまじめに作ってみました。さて、本当にパッケージのような見目麗しいラーメンが完成するのでしょうか……?
右がノーマル版で左が今回の「サッポロ一番 塩らーめん バジルとオリーブオイル仕上げ」です


そしてこれがそのレシピ。ベーコン1枚、グリーンアスパラ1本、パプリカ(黄)4分の1個、オリーブオイル適宜、トマト(中)2分の1個、卵1個、こしょう少々。これが1人前だそうで。


で、材料を買ってそろえました。なんという量……。


まずはグリーンアスパラをこんな感じで切る。これが一番面倒。


というわけでほかの材料もじょきじょきと切り刻んで用意完了。これだけで別の料理が完成しそうな勢いですが……。


刻んでいる間にお湯を沸かしていたわけですが、さらにここでスープを作ります。スープは別に作っておく必要があるので要注意。ゆでた麺にスープを突っ込むタイプではなく、あらかじめできあがったスープに麺を投入するタイプです。


そこはかとなく、オリーブオイルっぽい。


で、スープを作って麺をゆでている間に材料をざっくりと炒めます


さらに卵とトマトも投入……なんだかすごいことになったきた……


麺が完成したのでスープに投入。この状態で味見してみましたが、確かにバジルの風味がする妙な塩らーめんになっている。


そして具を盛る、もうこれでもかというぐらい盛って完成。


肝心の味の方ですが、確かにこれは意外においしい。ボリュームがかなりあるので、夕食にしても大丈夫そうな感じ。味は全体的にここまで徹底するとかなり「イタリアン」な雰囲気となり、通常の塩らーめんのアジトからまっていくので、何が何だか即座には判断できない摩訶不思議な味わいとなっていきます……。意外に手間がかかってしまうという点が難点ではあるものの、ここまでこだわって作ってみるというのもたまになら悪くないかも。

それ以前にこのレシピは誰が考えたのでしょうかね……あとパッケージとずいぶんイメージが違うものが完成したような……。

・関連記事
キリン「生茶」を使った緑茶しゃぶしゃぶ「生茶しゃぶ」を作りました - GIGAZINE

江頭2:50のお茶「えが茶ん」でお茶漬けを作ってみました - GIGAZINE

明星の鶏だし無菌充填スープがあまりにも美味なので夕食にしてみた - GIGAZINE

ふわふわの鯖の味噌煮を30分で簡単に作るレシピ - GIGAZINE

フライパンで10分以内に「揚げずにカリッとサクサクからあげ」を作る - GIGAZINE

とろけるように柔らかい「豚の角煮」を手抜きで作る - GIGAZINE

0

in 試食, Posted by darkhorse