コンドームと水で火をおこす方法


南海の孤島に流されてしまい、自力で火をおこす必要に迫られたとき、もしもコンドームを持っていれば、それと水を使うことで火をおこすことができます。サバイバル知識として知っておいて損はないですね、この方法は。

というわけで、ムービー付きの親切な解説は以下から。
Fire With A Condom

用意するのはこれだけ。


要するにコンドームに水を入れて一種のレンズとすることで太陽光線の力を借りて、干し草などの燃えやすいものに火を付けようと言うこと。


原理的にはかなり簡単なのですが、これはいい方法かも。

あとは以下のような方法を覚えておけば、生存確率は高まるかも。地面の湿気を遮断して熱を奪われないようにするというのはたき火を頻繁にしたことがある人やキャンプ経験者であれば割と常識なのですが、知らない人は多いのではないかと。

ハンズノート:ものしり情報:アウトドアで火をおこす:ハンズネット 東急ハンズのオンラインショップ

・関連記事
アメリカ軍のサバイバルマニュアル - GIGAZINE

歩いている途中でほどけない靴ひもの結び方いろいろ - GIGAZINE

刃物の研ぎ方あれこれ - GIGAZINE

MP3プレイヤーを搭載したビクトリノックスのナイフ - GIGAZINE

ペンなど身近にあるものを使ってミサイルランチャーもどきを作る方法 - GIGAZINE

持ち運びできて、水道さえあればどこでも使えるバスタブ「Dutchtub」 - GIGAZINE

iPodが盾となり、銃弾から兵士の命を救った - GIGAZINE

0

in 動画,  メモ, Posted by darkhorse