大阪の下町、通天閣がある新世界に行ってきました


先日GIGAZINE編集部総出で、大阪の「新世界」に行ってきました。

新世界は大阪市浪速区に戦前からある繁華街で、大阪で一番昭和の空気を残している、東京でいうところの浅草にあたる場所です。名物は串カツで、新世界の近辺には「天王寺動物園」や、以前GIGAZINEで取り上げたギメ東洋美術館所蔵浮世絵名品展を行った「大阪市立美術館」、巨大温泉施設「スパワールド」などがあり、そして中心部には大阪のシンボルともいえる展望塔「通天閣」がそびえ立っています。

ちなみに今回は写真だけでなく、繁華街をムービーで撮影してみました。これで大阪の下町の雰囲気が伝わるかもしれません。

はじめに、新世界の地図は以下のリンクを参照のこと。

新世界・ジャンジャン横丁の地図

最寄り駅の地下鉄「動物園前駅」を降りたところ、こんなポスターがありました。


これが動物園前駅。


ここをまっすぐ行くとジャンジャン横丁、そして新世界です。


これがジャンジャン横丁。飲食店街です。道幅は狭め。


前から自転車が来ました。危ない。


串カツ屋が並んでいます。


シチュウー。


将棋や囲碁を楽しむところもあります。


ジャンジャン横丁の歴史を知ることができます。


焼肉バイキング食べ放題1600円。


1人でお酒を二合飲むと一合が無料に。


ジャンジャン横丁を抜けると、作業着の店がありました。


作業着の店の横の道を抜けて、新世界公園本通の方へ向かいます。


新世界公園本通に出たところ、こんなお店がありました。パチンコ屋ではありません。


新世界公園本通はこんな感じ。


懐かしのスマートボールがあります。温泉街にはよくありますが…。


通天閣南本通に出たところ。奥に見えるのが通天閣です。それにしても看板がすごい。


反対側には巨大温泉施設「スパワールド」があります。


通天閣南本通を通天閣に向かって歩いてみました。

大阪の下町、通天閣がある新世界に行ってきました01 - YouTube


今度は逆向きに歩いてみました。主に東側を撮影しています。

大阪の下町、通天閣がある新世界に行ってきました02 - YouTube


こちらは西側です。

大阪の下町、通天閣がある新世界に行ってきました03 - YouTube


通天閣の足元に着きました。大阪が生んだ将棋の鬼才・坂田三吉を記念した「王将」碑があります。餃子の王将とは関係ありません。


ここから通天閣を上ることができます。


そばにはサウナもあります。


それはそうと、これだけで帰ってしまうのはもったいないので、帰る前に名物の串カツを食べてみることにしました。続きは以下から。

・次の記事
大阪の新世界で串カツを山のように食べてきました


・関連記事
大阪のド真ん中で女神が見守るジェットコースター付き廃墟「フェスティバルゲート」~前編・周辺探索~ - GIGAZINE

大阪のド真ん中で女神が見守るジェットコースター付き廃墟「フェスティバルゲート」~後編・廃墟探検~ - GIGAZINE

日本最大級の遊郭の建物が今も150軒以上残る「飛田新地」に行ってきました - GIGAZINE

美味いお好み焼きが食べたい!ということで「お好み焼 ゆかり」の曾根崎本店に行ってきました - GIGAZINE

串かつ食べ放題1Dayパスで100本の串かつに挑戦してきました - GIGAZINE

大阪日本橋にある「餃子の王将」で「ウィンドウズミレニアムセット」を食べてきました - GIGAZINE

アイス約8リットルを使用したコロンビアの巨大パフェ「富士山」にリベンジ~コロンビア突撃編~ - GIGAZINE

アイス約8リットルを使用したコロンビアの巨大パフェ「富士山」にリベンジ~富士山に再登山編~ - GIGAZINE

アイス約8リットルを使用したコロンビアの巨大パフェ「富士山」にリベンジ~ついに完食達成編~ - GIGAZINE

in 取材,   動画, Posted by darkhorse_log