NTT東日本のフレッツシリーズでネット接続の大規模障害発生


フレッツ・ISDN、フレッツ・ADSL、Bフレッツ、Mフレッツ、フレッツ・スポットにおいて5月15日(火) 18:44から16日(水)の午前1時35分まで延々とネットに接続できず、「ひかり電話」も利用できない状態になったようです。しかも110や119もできないという非常事態に。

影響が出たエリアは東京都(23区は除く)、北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、山梨県、長野県の14都道県。

詳細は以下の通り。
スラッシュドット ジャパン | NTT東日本「フレッツ」全サービスに障害発生中(首都圏以外)

asahi.com:インターネットで大規模障害 NTT東日本 - 社会

ニュースリリース | NTT東日本

最初の第1報によると、18時44分ごろから突如としてネットに接続できない状態になっていることが明らかに。また、ひかり電話は「話中」みたいな感じになって電話できなくなったとのこと。

次の第2報では110や119といった緊急機関への通話もつながらない状態であることが発覚。非常事態なので「報道機関の皆様におかれましては、テロップやアナウンス等を通じた告知にご協力をお願いいたします」というNTT東日本からのお願いが出始める。この時点でフレッツ始まって以来の大規模障害の予感。

第3報では各サービスの影響の件数が判明。
Bフレッツ : 約119万契約
フレッツ・ADSL : 約150万契約
フレッツ・ISDN : 約16万契約
ひかり電話 : 約59万契約

措置状況も明らかとなり、「弊社ビル内にある「フレッツサービス」および「ひかり電話」用のIP伝送装置の送受信部分をリセット(再立上げ)することで、サービスが回復することが判明したことから、現在、順次行なっています」ということに。この時点での問い合わせ件数は2800件。

第4報になると回復済みのエリアと回復中のエリアが判明、さらに全面回復予定時刻が午前1時と告知される。この時点で1万500件の問い合わせが来ているとのこと。

1時半前に第5報が更新され、回復に向かっていることが告知されました。

さらに第6報では午前1時には北海道の一部ビルを除いて回復済みになったとしています。なお、この段階ではまだ原因不明。

そして第7報では「5月16日(水)午前1時35分に全面回復」したとの報告が。また、問い合わせ件数は11300件に達したそうです……。

それにしてもずいぶんと大規模な障害ですが、ネットに接続できない間、みなさま何をしていましたでしょうか……。停電の後では出生率が高まるというまことしやかな都市伝説もありますが……。

・関連記事
ハードディスクの物理障害、果たして本当に復旧できるのか?~前編~ - GIGAZINE

Infoseekメール、4月22日~5月5日まで前代未聞の長期間障害発生 - GIGAZINE

ココログ53時間の大規模メンテナンス終了、だが負荷は改善されず - GIGAZINE

Windowsで動作するオープンソースなシステム監視「HealthMonitor」 - GIGAZINE

フリーのサーバ、ネットワークなどの総合監視ソフト「ZABBIX」日本語版 - GIGAZINE

複数のサーバをモニタリングするソフトウェア群「BixData」 - GIGAZINE

0

in ネットサービス,   メモ, Posted by darkhorse