Yahoo!が6月16日にネットオークションを終了へ


激しいシェア争いに敗れた結果、Yahoo!が6月16日にアメリカとカナダでネットオークションサービスを終了し、ほかのサービスに注力することを決めたそうです。なお香港、シンガポール、台湾では続行するとのこと。

日本ではYahoo!JAPANがネットオークションサービスの中で揺るぎないシェアを確立していますが、どうやら海外では事情が異なるようです。

詳細は以下の通り。
Yahoo bangs gavel down on auction sites | CNET News.com

この記事によると、ネットオークションサービスの終了に関してYahooの代表はコメントするのを控えたとそうですが、Hitwiseという会社の調査結果によると、アメリカのネットオークションサービス市場ではeBayが95%という圧倒的なシェアを占めており、Yahoo!のシェアは0.19%しかなかったとのこと。

ちなみにアメリカでは圧倒的なシェアを占めているeBayですが、日本では2002年に撤退しています。アメリカと真逆ですね。

・関連記事
国内のオンラインで物々交換できるネットサービスまとめ - GIGAZINE

ネットオークションでPowerMac G4を買ったらひどい梱包で送られてきた - GIGAZINE

ネットオークションでPS3の価格がぐんぐん上昇中 - GIGAZINE

メールアドレスだけで荷物が受け取れる宅配サービス「DD便」 - GIGAZINE

Yahoo APIを使った「Yahoo!オークション マイ・ショップ」 - GIGAZINE

in ネットサービス,   メモ, Posted by darkhorse_log