居酒屋チェーン「笑笑」のスナック菓子の再現度を確かめてみた


4月16日からフリトレーより販売されている「笑笑 鶏のなんこつ揚げ味」と「笑笑 ピリ辛チキンのマヨピザ味」を食べてみました。居酒屋チェーン「笑笑」を運営する株式会社モンテローザとのコラボ商品だそうですが、居酒屋の食事をスナックでどのように再現したのでしょうか。

詳細は以下から。
ジャパンフリトレー株式会社|新商品情報 笑笑

皿に出してみたところ。


居酒屋の定番メニュー。鶏のなんこつ揚げ味。


こちらはピリ辛チキンのマヨピザ味。「笑笑」のスタッフへの投票で、スナックにして欲しいメニューのトップになったそうです。


まず、なんこつ揚げ味ですが衣の味がそれなりに再現されていると思います。スナック菓子なのでなんこつ独特の食感はありませんが、わずかに酸味もありレモンを振りかけた唐揚げらしい味といえます。ただ味付けに偏りがあるのか、舌が味に慣れたしまったのか、妙に酸味の強い部分や、普通の醤油味のスナックとしか思えない部分もあるのが少し残念なところ。

次にマヨピザ味ですがこちらの再現度はめちゃくちゃ高いです。袋を開けたときからサラミの匂いが漂ってきて、マヨネーズとチーズの味のバランスも絶妙。本当にピザを食べているかのような気分に。ピリっとする辛味も良いアクセントになっていて、つい何度も手を伸ばしてしまうウマさになっています。これはレギュラー入りして欲しいレベルですね。

・関連記事
フライパンで10分以内に「揚げずにカリッとサクサクからあげ」を作る - GIGAZINE

「和ポテト ほたてバターしょうゆ味」は居酒屋で食べる味そのまま - GIGAZINE

酔っていると美人ではない女性が美人に見えるのはなぜか? - GIGAZINE

メルティーチートス「濃いチーズ味」は甘じょっぱすぎ - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log