250万円以上の価値があるファミコンソフト「Nintendo World Championships 1990」


かつて任天堂が出したファミコン用ソフトの中で「Nintendo World Championships 1990」というのが現時点では最もレアなカセットだそうです。

というのも、このゲームソフト自体が全部で116本しか作られていないため。同名の「Nintendo World Championships」という大会においてセミファイナリストに配られたのが90本の灰色のカートリッジ。そして残り26本が黄金のカートリッジで、これは大会優勝者や「Nintendo Power」という雑誌のコンテスト勝者に配られています。

そして、250万円以上の価値をオークションで付けられたのがまさにこの黄金のカートリッジバージョン。世界で26本しかないゲームソフトということになっています。

気になるゲームの中身などの詳細は以下の通り。
Nintendo World Championships 1990

The 'Holy Grail' of gaming sells for $21,400 :: DESTRUCTOID :: Hardcore video game blog

TechEBlog >> NES Game Sells for $5100 on eBay

オークションにまれに出品されることがあり、過去にeBayに出品されたときは5100ドル(約60万円)、つい先日競り落とされたmyebid.comに出品されたときは複数出品中の1つであったわけですが、全部まとめて2万1400ドル(約255万円)でした。

ゲームの中身自体も大会用に作られた特殊なもので、プレイヤーの持ち時間は6分21秒。3つのミニゲームで構成されており、1つめはスーパーマリオブラザーズでコインを50枚集めること。次のミニゲームはRad Racer (ハイウェイスター)で、専用コースを完走します。そして最後はテトリスで、残り時間のすべてを使うことができます。

こうしてそれぞれの得点を以下の式に当てはめて、その合計得点を競ったようです。

(スーパーマリオブラザーズの得点)+(ハイウェイスターのスコア×10)+(テトリスのスコア×25)


戦略的には最後のテトリスでいかに稼ぐか、という点に重きが置かれたようです。

・関連記事
マリオに出てくる「1UPキノコ」栽培キット - GIGAZINE

無限にステージが生成されるマリオっぽいゲーム「Infinite Mario Bros」 - GIGAZINE

Excelで作られたゲームセンター - GIGAZINE

0

in ゲーム,  メモ, Posted by darkhorse