廃虚となった生物化学研究施設の写真


ロシアにある廃虚となった生物化学研究施設の写真です。

生物化学研究施設だっただけあって、謎のビーカーやフラスコ、シャーレ、試験管などがあたりに散らばっていて、とても不気味なことになっています。まだ何かが入ったままのビーカーや試験管などもありますが、開けるのはもちろん、触ることすらダメな気がしてなりません…。

詳細は以下の通り。
入っていきなりこんな絵があったら、間違いなく引き返します…。


施設紹介のパネルみたいです。


薬品の容器などが放置されたまま。


流し台がえらいことに。


電話機。受話器はいずこへ。


壊れたタイプライター。


スポイトが大量に。


試薬が付いたままのプレパラート。絶対触りたくありません。


これはなんでしょうか。


謎の液体が入ったビン。


何かとんでもないものが入っている気がするのですが…。


なんだか凝視してはいけない気がします。


虫が入っているメスシリンダー。いったい何に使っていたのでしょうか。


ほかにも膨大な量の写真があります。

English Russia >> Abandoned Bio-Chemistry Lab

・関連記事
ガチガチに凍り付いたものの写真いろいろ - GIGAZINE

0

in メモ, Posted by darkhorse_log