学校の窓に6400枚の付箋紙でドンキーコングやマリオを再現


10人がかりで5時間かかって学校の窓に6400枚の付箋紙を貼り、ドンキーコングのゲーム画面などを再現しています。階層差がうまく生かされていて、かなり見栄えします。付箋紙なので撤去も簡単そう。

詳細は以下から。
UCSC Engineering Building Attacked by Giant Gorilla

まずはポストイットを大量に用意。


色別に分けるとこんな感じ。黒いポストイットを普段使う人はいるのでしょうか。


はしごも使って作業。


作業している人もゲームの登場人物みたい。


完成。使ったポストイットは約6400枚。


明かりをつけない昼間でもよく見えます。


メイキングの完全版はこちらから。

6400枚の付箋紙でドンキーコングのゲームを再現してしまったビルディング&その舞台裏完全版 - GIGAZINE

同じ建物で以前にスーパーマリオブラザーズが作られたことも。

UCSC Engineering Building Gets an 8bit Upgrade

12人で1時間半かけて製作。


内側から見た様子。


入り口にはトゲゾーとコインが。


撤去した後はゲームオーバーしたマリオが残されました。


ちなみに普段の窓はこんなの。
UCSC Engineering 2 Building

・関連記事
ドンキーコングをレゴブロックで再現 - GIGAZINE

ロックマンvsドンキーコング - GIGAZINE

全体的に統一感を持たせたオフィスの風景 - GIGAZINE

in ゲーム,   メモ, Posted by darkhorse_log