ハードウェア

全キートップが有機ELディスプレイのキーボード「Optimus Maximus」の実物写真


すべてのキートップ部分が有機ELディスプレイになっており、好きな文字やアイコンが表示可能というキーボードマニア垂涎の品である「Optimus Maximus」が以前から話題になっていましたが、ついにその実物の写真が公式ブログにて掲載されました。ドイツのハノーバー国際見本市会場で開催されている国際情報通信技術見本市「CeBIT」にこの実物は出品されていないのですが、2007年11月後半から12月前半にかけて本当に販売される予定だそうです。

気になるお値段などの詳細は以下の通り。
Life and Incredible Adventures of Optimus Keyboards

optimus_project: Optimus Maximus

全部でキーは114個


左端には10個、特別な機能のキーがあります


そして最大の特徴である有機ELディスプレイはスペースキーに至るまですべてのキーに搭載。32×32ピクセルで、フルカラー表示が可能。


もちろんそれぞれのキーに表示される文字はユーザーがフルカスタマイズ可能、好きな文字(文字でなくてもいい)を表示できます


右上には製品名があります


今月から予約開始で、価格は1490ドル(約17万3000円)ほど。


なお、こんな関連商品も出るようです。
Optimus Upravlator keyboard

・関連記事
キーボードを打ちながら食事する人のためのトレイ - GIGAZINE

QWERTY配列キーボードの記念碑 - GIGAZINE

キーボードで植物栽培 - GIGAZINE

わずか11mmの薄さのキーボード「diNovo Edge」 - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by darkhorse