エンタープライズ向けLinux「Red Hat Enterprise Linux 5」の発売日が決定


GIGAZINEではRHEL4を使っていますが、その次期バージョンに当たる「RHEL5」が2007年3月14日に発売されることが決まりました。

で、こうなると気になるのはRed Hat Enterprise Linuxから商用の部分を削ってリリースしているCent OSの次期バージョンリリースの時期。

詳細は以下の通り。
Red Hat Readies RHEL 5 for March 14 Launch - CBRonline.com

Slashdot | Red Hat Readies RHEL 5 for March 14 Launch

約2年ぶりとなる今回のバージョンアップのメインはカーネルの変更。2.6.9から2.6.18に。また、仮想化のXenを搭載、Red Hat Cluster Suiteという負荷分散機能を担うIPロードバランサと高可用性クラスタ機能を統合、さらにこれに伴ってiSCSIやInfiniBand、RDMAの利用が可能になってます。

で、CentOSの次期バージョンはいつ出るのかという予測。

www.centos.org - FAQ - General CentOS Questions - How long after redhat publishes a fix does it take for CentOS to publish a fix?

大体、2週間後の3月21日あたりが目安ですかね、これは。

・関連記事
PHPアクセラレータで一番高速なのはどれか? - GIGAZINE

マイクロソフト、「Virtual PC 2007」正式日本語版を無料提供開始 - GIGAZINE

0

in ソフトウェア, Posted by darkhorse