自らのヌード写真をネットに投稿した15歳の少女、性的虐待容疑で逮捕


アメリカで15歳の少女がインターネット上で自分の裸の写真を投稿したことから、性的虐待容疑で逮捕したと警察が発表したそうです。

どのような経緯で逮捕に至ったのでしょうか。

詳細は以下の通り。
USATODAY.com - Teen girl charged with posting nude photos on Internet

この記事によると、アメリカのペンシルバニア州ピッツバーグで15歳の少女が、インターネット上のチャットルームで会った人々に、自らのあられもない姿を収めたさまざまな写真を送信したことを理由に逮捕されたそうです。

どのような捜査を行って少女を特定したかについては発表されませんでしたが、警察は彼女を特定した上で家からPCを押収し、送信された写真がハードディスクドライブに入っていることを確認したそうです。なお彼女にかけられた容疑は子供の性的虐待容疑、児童ポルノの所有ならびに普及とのこと。

ちなみにペンシルバニア州は過去にも児童虐待小説をネットで発表した女を起訴したそうです。

livedoor ニュース - 児童虐待小説をネットで発表した女を起訴=米ペンシルベニア州

自分の写真であっても、それが児童であれば児童への性的虐待になるようですが、日本の援助交際なども、買う側だけでなく売る側をこのようにして取り締まることは可能なのでしょうか。

・関連記事
アダルトサイトのポップアップを開いた責任で女性教員に懲役40年を求刑 - GIGAZINE

娘に買い与えたMacbookに満載されたポルノ画像に父親激怒 - GIGAZINE

51才の男性にレイプされた16才の少女が死刑 - GIGAZINE

クリスマス前にプレゼントの箱を開けた12歳の少年が逮捕 - GIGAZINE

in メモ,   Posted by darkhorse_log