Windows Vistaのアップグレード版をクリーンインストールする方法


Windows Vistaには通常版とアップグレード版があり、既存のXPをVistaにアップグレードできるアップグレード版の方が割安です。ですが、新規インストールができないのが難点……のはずなのですが、どうやらアップグレード版であっても一定の手順を踏めば通常版と同じようにインストール可能っぽいという報告が海外で上がっています。

手元にあるのが通常版なので真偽は不明ですが、アップグレード版をクリーンインストールする方法は以下の通り。
DailyTech - Workaround Discovered For "Clean Install" With Vista Upgrade DVDs

1.Windows VistaアップグレードDVDでセットアップを起動する

2.プロダクトキーの入力をせずに「Next」をクリックしてインストールを続行する。これで30日間試用版のVistaがインストールされる


3.購入したVistaのエディションを選択するので、実際に購入したエディションを選ぶ


4.ここで一度インストールは完了し、Vista自体からさらにインストールプログラムが続行して起動する

5.この時点でプロダクトキーの入力を促されるので、キーを入力する


6.ここで「Custom」を選んでクリーンインストールを行う(つまり2度目のインストールが開始されることになる)


7.2度目のインストールが完了した通常通りにアクティベーションに移行する。これで完了。あと、Windows.oldとかいうディレクトリがあり、ここに1度目にインストールしたVistaがある。これは不要なので削除して良いとのこと。


手元にアップグレード版がないので検証不可能ですが、理屈としては30日間試用版をアップグレードすると言うことになるわけですかね、この手順は?いやしかし、そういうわけでもないし、これは一体……?

なお、Amazonで調べたところ、現時点では以下のようになっています。すべて税込みです。

Windows Vista Ultimate 通常版:4万6100円
Windows Vista Ultimate アップグレード版:2万9980円

ヨドバシカメラ梅田店でDSP版を買いましたが、その際の値段は以下のような感じ。これも税込みです。

Windows Vista Ultimate 通常版(DSP版):2万6980円

明らかにDSP版を買った方がいいですね、現状では。

・関連記事
Windows XP HomeをWindows XP Professionalにする方法 - GIGAZINE

Windows Vistaをバージョンアップする「Windows Anytime Upgrade」の詳細が判明 - GIGAZINE

Windows Vistaのアクティベーションが早速破られてしまった模様 - GIGAZINE

マイクロソフト、Windows VistaのOS移管制限を撤廃 - GIGAZINE

Internet Explorer 7.0正式版は自動更新でインストールされる - GIGAZINE

0

in ソフトウェア, Posted by darkhorse