寿命が10倍に延びる技術を開発、人間の場合は800才まで寿命延長が可能に


南カリフォルニア大学の科学者が発表したところによると、イーストのバクテリア(要するにパン酵母)の寿命を10倍に延ばすことに成功。この方法は人間にも応用できるので、寿命が80才の場合は800才ぐらいまで延長可能だそうです。

詳細は以下から。
Mad Science: Geneticists Discover a Way to Extend Lifespans to 800 Years

PLoS Genetics - Calorie restriction-induced life span extension depends on Rim15 and stress response transcription factors downstream of Ras/cAMP/PKA, Tor and Sch9

この技術は2つの遺伝子(RAS2とSCH9)に手を加えることによってカロリー摂取を削減できるというもの。エクアドルで既に人間を対象にした実験に入っているとのこと。また、現時点では明確な副作用などもなく、これによってガン細胞の増殖を人間の場合は抑制できるそうです。国立老化研究所(NIA)に所属するAnna McCormick氏によると、この10倍まで寿命を延ばすというのはかなり有意なものであるとのことです。

この技術が完成したら、世界はどうなるのでしょうかね……。

・関連記事
あなたの寿命を延ばす知られざる4つの方法 - GIGAZINE

老化現象を食い止める技術が研究中 - GIGAZINE

なぜオスはメスより先に死ぬのか - GIGAZINE

日本全国の市区町村の中で平均寿命が最も短いのは大阪市西成区 - GIGAZINE

ついに薬を使って記憶を消し去ることが可能に - GIGAZINE

0

in サイエンス, Posted by darkhorse