世界で最も危険な道を自転車軍団が行くムービー


この道路、長さは50マイル(約80km)ほどしかないにもかかわらず、年間25台の車が谷へ落ち、200から300人の死者を出しているそうです。雨期が来ると滝のように雨が降るらしく、道路がぬかるんでブレーキがきかなくなるとか。バイパスの建設に時間がかかっているようですが、せめてガードレールだけでもつけた方がよいのでは…。

ボリビアの首都ラパスとその北東のユンガスを結ぶこの道は、1995年に米州開発銀行に「世界中で最も危険な道」と言われたほどの過酷な道です。その危険な道路を、自転車に乗った男たちが駆け抜けていくムービーです。こんな道路は走りたくないですね。

ムービーは以下から。
多数の自転車が走っていく。谷側は切り立ったがけになっているが、ガードレールはない。
YouTube - Most Dangerous Road in the World 3


自転車軍団の旅立ちは以下。ここもすごい高低差。
YouTube - Most Dangerous Road in the World 1


いったい何人いるんだ…
YouTube - Most Dangerous Road in the World 2


この自転車軍団はFergal Riceという人の一行で、2005年8月から1年かけて旅行した中にこの行程があったらしい。この道路の移動を含む日記は以下。

La Paz onwards to surviving "The most dangerous road in the world!!"

・関連記事
道無き道を走る自転車のムービー - GIGAZINE

ロシアの舗装されていないのでひどいことになった道 - GIGAZINE

夜のパリの街をひたすら車で走り回るムービー - GIGAZINE

0

in 乗り物,   動画, Posted by darkhorse_log