ソフトウェア

Windows Vistaのアクティベーションが早速破られてしまった模様


手元にWindows Vistaが動く実機がないので実際には試していないのですが、既にWindows Vistaがベータの頃からいくつかの海外のクラックチームが新型のアクティベーションを破るために活動し始め、RTMが出た時点でほぼ確実に動作するようになり、正規版も同様の手法でクラックされてアクティベーション解除が可能になるツールが海外で出回り始めたようです。

中にはそれらのツールをまとめて1つのISOイメージとして配布している場合もあり、日本語版での動作報告はまだ知る限りでは見あたらないものの、時間の問題ではないかと思われます。

詳細は以下の通り。
これが現時点で出回っているアクティベーションを突破するツールの詰め合わせパック。全部で10種類。


ほとんどのツールは中にファイルが入っており、Windows Vistaの特定のシステムファイルと入れ替えたりするというもの。ですが、中にはこういうかなり本格的な形式のものもあります


また、Vistaのみならず、Windows XPから採用されているWGAも同様に解除可能になっているというものも存在しています。真偽は不明です。

・関連記事
XPをVistaに安くアップグレードできるWindows Anytime Upgradeについて - GIGAZINE

Windows Vistaの動作ムービーいろいろ - GIGAZINE

Windows Vistaの新しいスタンダードテーマ発表 - GIGAZINE

NVIDIAがWindows Vistaのデモムービーを公開 - GIGAZINE

Windows Vistaで用意される4種類のインターフェース - GIGAZINE

in ソフトウェア,   メモ, Posted by darkhorse_log