「プログラムの追加と削除」を高速化できるフリーソフト「Safarp」


インストールしたソフトをアンインストールする場合などで「プログラムの追加と削除」を開くと、めちゃくちゃ時間がかかってしまい、イライラさせられますが、このフリーソフト「Safarp」を使うと一瞬で一覧が表示されるようになります。

ソフトを最後に使った日付順やよく使う回数順に並べ替えることもできるので、不要ソフトを洗い出す際にも便利です。日本語化パッチもあります。

というわけで、使い方などは以下の通り。
まずは下記サイトから本体をダウンロード。

窓の杜 - Safarp

ダウンロードしたインストーラを起動し、「I Agree」をクリック


「Next」をクリック


「Install」をクリック


「Close」をクリック


次に日本語化パッチをダウンロード。

Safarp Ver0.5 日本語化パッチ(Windows95/98/Me / ユーティリティ)

解凍したらパッチを「Program Files」フォルダの中の「Safarp」フォルダに移動して実行。これで日本語化完了。


スタートメニューとコントロールパネルの中に「Safarp」という項目ができているのでクリックすると、こんな感じで起動してくれます。めちゃくちゃ高速です。アンインストールしたいソフト名を選んで「Remove」をクリックするだけです。とっても簡単。


インストールされているソフトウェア一覧をHTMLファイルなどでリスト化して保存することも可能。また、削除したのに名前だけ残ってしまった場合には「エントリーを削除」で一覧から消すことができます。


使用頻度順や最後に使用した日付順に並べ替えることもできるので、ソフトウェアの整理にもお役立ち


「アイコンをロード」を選ぶと起動にちょっと時間はかかるようになりますが見栄えがするようになるので操作性は増します。また、セキュリティアップデートでインストールされたホットフィックスなども表示可能なのでいろいろと応用が利きます。

・関連記事
Internet Explorer 7.0正式版は自動更新でインストールされる - GIGAZINE

ffdshowより便利なコーデックセット「CCCP」 - GIGAZINE

Ruby on Rails、Wordpressなどをクリックだけでインストール - GIGAZINE

エクスプローラにフォルダサイズを表示させる「Folder Size for Windows」 - GIGAZINE

Windowsの終了やログオフを高速化する「User Profile Hive Cleanup Service」 - GIGAZINE

3日間で3000台のiBookにインストール及びセットアップ作業をした記録写真 - GIGAZINE

起動しなくなったXPを救う「Rebuild」コマンド - GIGAZINE

パーティションを操作できるフリーソフト「GParted Live CD」 - GIGAZINE

in レビュー,   ソフトウェア, Posted by darkhorse_log